美ら海水族館に琉球村!沖縄定番観光スポット情報-affiliatsyd

- 沖縄の工芸品目当てに観光してみよう

沖縄の工芸品目当てに観光してみよう

あなたは、普段旅行へ行ったら、どんなものをお土産にしていますか。
やっぱりお菓子類が多いでしょう。しかし、美味しく食べるのもいいのですが、旅行の記念にずっと、物を残しておきたいと思いませんか。
そんなときには工芸品がいいのではないでしょうか。

沖縄の工芸品では

沖縄にもいろいろな工芸品もあります。焼き物も実は沖縄は、有名なのです。そんな沖縄での工芸品も、ただお土産屋で買うだけではもったいないです。

沖縄の工芸品も実は観光スポットとなっています。まず、真っ先に浮かぶのは、琉球村ガラス村です。
琉球ガラスも沖縄の工芸品としても有名ですし、またその価値も年々高まってきています。
ガラスのコップやビン、皿などですが、その形も色も赤、青、黄色とさまざまです。よく人気のあるのは、コップでお酒を飲むのに使われたりもしています。手頃な値段ですし、さらにおしゃれですので、以外に本土の居酒屋などでも使われるくらいです。
自宅での食事の時にもオシャレな雰囲気を出してくれるので、買ってみるといいでしょう。

さらに琉球ガラス村では、琉球ガラス作りを体験できるので、子どもを連れて行くのもいいでしょう。

焼き物の里へ

沖縄のお土産で、一度くらいは焼き物のシーサーを見たことある人も多いでしょう。シーサーは沖縄の守り神ですが、大小さまざまのシーサーの焼き物があります。

もちろん、その他にも皿や湯飲みなどさまざまな焼き物があり、お土産としてもいいですし、そのあと実際に使うことができます。これなら、もらっても使えるので喜ばれるでしょう。
そんな焼き物で有名な通りも、観光スポットとなっています。那覇市の壺屋やちむん通りです。
こちらを歩けば、たくさんの店があるので、あなたのお気に入りの逸品がみつかることでしょう。

ちょっと雰囲気的には路地裏通りをあるくような感じにもなるので、沖縄散策にもうってつけと言えるでしょう。

あと、那覇市だけでなく読谷村も焼き物で有名です。読谷村は、那覇市から北部へ向けて、車で一時間前後でつくでしょう。こちらは国道58号線ぞいに焼き物も店が構えていたりします。
中部のホテルへ泊まる人はこちらを利用してみるといいでしょう。

工芸品目当ての観光を

ここにかいたように、本格的に工芸品目当ての観光をしてみるのもいいでしょう。
場所によっては作ることも体験できるので、結構楽しいものです。

もちろん、国際通りでも、探したり、購入することもできます。
ぜひあちこちにある沖縄の工芸品に触れあう旅行をしてみるのもいいでしょう。