美ら海水族館に琉球村!沖縄定番観光スポット情報-affiliatsyd

- ダイビング好きな人は青の洞窟へ

ダイビング好きな人は青の洞窟へ

沖縄と言えば、真っ先に浮かぶのは海でしょう。そんな海で遊ぶのと言えば、泳いだり、マリンスポーツでしょう。
また、ドライブをしながら途中で海を眺めて楽しんだり、さらに夕日や太陽が沈むのを楽しむのもいいでしょう。

沖縄の海は夏ばかりでない

そんな沖縄の海を楽しむのは、夏ばかりだと思っていませんか。確かに夏の方が楽しめることもおおいのですが、
沖縄の海は夏ばかりではありません。
冬だって楽しむことはできるのです。

それはスキューバダイビングで楽しめます。スキューバダイビングときいても、冬は寒くて潜れないと思っていませんか。本土ならばそうでしょうが、沖縄の海は暖かくて、冬でも潜ることはできるのです。
それを知っているダイバーは多くて、冬の空いているシーズンを狙って来ることも多いのです。
しかし、ただ空いているだけでなく、冬の海は魚や生き物が夏と違ったものが見れたり、さらに海の透明度も変わったりして楽しめるのです。
もちろん、ダイビングショップのプランも安くなっていたりするので、費用的にも助かることもあります。
あと、夏はここがいい、冬はここがいいなんていうように時期的にも良さが変わるようなダイビングスポットもあったりするのです。

そんな沖縄の海で、年中楽しむことができるのは青の洞窟でしょう。

青の洞窟へ行ってみよう

青の洞窟とは、海岸線に洞窟ができて、そこへ太陽の光が差し込むことで、神秘的な青さを出しているところです。海外にばかりあると思われていましたが、沖縄の海に実はあったのです。
時間帯によって、海の青さが変わるので、時間帯を変えて楽しむこともできます。

その存在や特徴が知られると、一気に観光スポットとして広がりました。そして、今ではダイビングスポットとして外せないスポットとなったのです。

青の洞窟は恩納村の真栄田岬にあり、海から船で行くことも海岸線の階段を降りていくこともできます。
ただ、海岸線の階段を降りていく場合、機材をもって降りたり、上ったりしないといけないので行くまでに体力をつかうことにもなります。
船の方が体力のことを考えるといいのかもしれません。

洞窟内では、声が響いたりするのでマナーを守って潜ることが大切です。なおスキューバダイビングだけでなく、夏場だとシュノーケルをすることもできます。
また青の洞窟で潜っている様子を写真撮影してくれるサービスもあるので、それを利用すれば、その様子をいつまでも思い出として残すことも可能です。

ぜひ1度は訪れてみよう

洞窟内を潜るなんてことは、滅多に体験できません。ぜひ、あなたも1度は青の洞窟で潜ってみませんか。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »