美ら海水族館に琉球村!沖縄定番観光スポット情報-affiliatsyd

- 沖縄に来たなら美ら海水族館は見ておきましょう!

沖縄に来たなら美ら海水族館は見ておきましょう!

沖縄観光と行ってマリンスポーツや首里城とともにイメージするのが沖縄美ら海水族館でしょう。
言わずと知れた沖縄旅行ツアー沖楽です。
沖縄美ら海水族館は本島の北部にある本部半島の近くにある水族館です。
非常に大きな水槽やジンベイザメは皆さんが知っている事かもしれませんね。
マンタが泳いでいる姿も見る事ができます。

他にも珊瑚や深海魚などのここでしかみる事ができない生物が多くいるので、楽しむ事ができるでしょう。
特にお子さんがいる方は、ぜひ美ら海水族館は行くようにしてください。
沖縄美ら海水族館自体はそこまで大きな施設ではありませんので、個人差はありますが30分ほどでみる事ができます。
ゆっくり歩きながら止まらずにみるという事であれば10分もかからないでしょう。
混雑時には列が進まない事もあり、1時間ほどかかるかもしれません。
館内はバリアフリーになっているので、ベビーカーや車いすでも安心して観覧する事ができます。
しかし混雑時には多少の配慮が必要でしょう。
駐車場は大きいですが、やはり混雑時には多少込み合うかもしれません。
余裕を持っていく事をお勧めします。
チケットは県内のコンビニや道の駅で割引価格で購入するといいかもしれません。
水族館の入り口からはきれいな景色も見る事ができるので、一緒に見ておきましょう。

琉球村でエイサーを楽しめます

沖縄観光と言えばマリンスポーツや首里城、沖縄美ら海水族館を思い浮かべる人も多いかもしれません。
しかし沖縄観光の定番と言えば琉球村です。
特に沖縄に始めていくという人はぜひ琉球村に行くようにしましょう。
琉球村の中には昔ながらの沖縄の家屋があり、赤瓦のお屋敷をみる事ができます。

のんびりとした沖縄の時間を過ごす事ができるでしょう。
時折沖縄の楽器である三線や太鼓の音が聞こえてきます。
沖縄ではサトウキビが名産ですが、製糖場があるのでそこで昔ながらの製糖の風景を見る事ができます。
水牛を使った製糖はなかなかみる事ができませんよ。
琉球村ではエイサーも楽しむ事ができます。
みんなで一緒に踊ればいい思い出を作る事ができるでしょう。
初めての沖縄ではやはり沖縄らしさを満喫する事をお勧めします。
そのために琉球村はもってこいの場所だと言えるでしょう。
エイサーに参加して、古民家やシーサーを眺める。
さらに水牛を使った製糖をみる事ができますし、カジュマルの妖精であるキジムナーをみる事もできます。
場所は那覇空港から車で一時間と気軽に行く事ができる距離にあります。
にたような施設に沖縄ワールドがありますが、もし時間がない場合にはどちらかに行けばいいかもしれません。
あなたは、沖縄旅行では何を目的にしていますか。海を目的にもおおいのですが、沖縄の工芸を見たい、芸能を見たい、自然と触れあいたいなんて人もいるでしょう。
そんな目的にあった観光スポットと言えば、おきなわワールドでしょう。

おきなわワールドにあるものとは

おきなわワールドは、南城市玉城にあるテーマパークです。那覇空港から30分くらいでつけるかなり近いテーマパークです。
年中無休なので、いつでも気軽に入ることができます。
その中もいろいろなものがあって、楽しみ方もいろいろです。

まず、沖縄の自然とか見てみたいという人には玉泉洞でしょう。緑や海とは違います。ここでは、鍾乳洞なのです。
その全長は5000メートルとも言われていて、研究も進められています。一般に公開されているのは890メートルとなっていますが、その中にはいると、何十万年もかけて作られたとも言われる神秘的な光景が広がります。さらにライトブルーに輝く地下水や鍾乳石はに、きっと心も奪われるでしょう。

また沖縄の芸能をみたいという人には、スーパーエイサーかよいでしょう。エイサーは沖縄の郷土芸能です。普段は毎年旧盆の時期にあわせて、各地で青年会の男性女性が披露します。あとは、全島エイサー祭りなど祭りの時に見られますが、時期を逃せば案外簡単には見られません。
そんなエイサーも1日に4回見ることができます。
太鼓を叩きながらの踊りは迫力もあり、圧倒されるでしょう。

体験できるものもたくさんある

見て楽しむばかりではありません。おきなわワールドでは、体験できるものもたくさんあります。

たとえば、紅型体験があります。コースターやバッグなどの小物を沖縄ならではの模様や色に染めていく体験ができます。5~20分程度で終わるので、気軽に体験できます。体験して終わればそのままお土産にすることができます。自分用に、また友人や家族や恋人へのお土産にしてみるのもいいでしょう。

次に陶器作成の体験ができます。お皿からシーサーといった置物まで、さまざまなものの陶器を作ることができます。これも30分以内で終わります。普段は陶器をつくるなんてことはできませんから、楽しい体験となるはずです。

そして琉球ガラス作りです。琉球ガラスも沖縄の工芸として欠かすことはできません。その色も赤や青のグラデーションとなっていたりとかなり美しいです。あなた独自の色の琉球ガラスを作ってみませんか。

家族で楽しめるおきなわワールド

ここにあげた他にも、楽しめる体験工房はたくさんあります。
家族でも楽しめるものばかりですので、ぜひ訪れてみましょう。

更新情報